クーラーのない教室という狂気

昨今の酷暑は本当に異常。毎日35度以上は記憶にないし、日の強い時間に直射日光を浴びると、これは長時間受けたら死ぬやつだと、体が教えてくれる。

 

報道も命の危険を及ぼす暑さという表現で毎日なされている中、冷房ない環境での教育は涼しい地域以外は不可能。

 news.yahoo.co.jp

 

これに予算をつけられない行政は、子どもは投票権ないし数が少ないので、死んでもいいと言っているようなものだ。誰かが犠牲になって事件にならなければ変えられないのであれば、悲し過ぎる世界。事実たくさんの子ども達も熱中症で倒れている。

 

私も中高時代は教室にエアコンはなかった。今考えたら有り得ないと思うけど、狭い世界しか見えない子どもにとっては、それが当たり前なのかと、皆で暑がりながら納得してしまっていたように思う。

 

自分が子どもの時そうだったから、今の子ども達もそうすべきという主張する人がいるならば、そんな方々には先祖は狩猟生活をしていたのだからそうすべきで、エイプにでも戻ってもらったらどうだろうか。

www.nikkansports.com

 

例えばこの記事に出てくる大人たちの発言は、驚きを禁じ得ない。

「試合で倒れるなんて初めてです。何をやっているのか」

「ちょうど期末試験が終わり、体が慣れていないんじゃないかな。対策を考えないと。毎日これでは困る」

いやいや、困るのはあなたの認識です。日本中で何千人も病院に運ばれていて、毎日トップニュースで命の危険性が報道されている環境で、自分の監督下で子ども達が倒れてもこの感覚。危な過ぎる。

 

話を戻すと、学校にエアコンがない問題は、本来は予算つけてすぐやるべき問題。一方で、予算がない場合は、クラウドファンディングでもやったらどうだろうかと思う。問題を喚起できるし、エアコン買える金額は、卒業生や地元の人たちを中心に集められるのではないだろうか。

 

アリヴェデルチッ!